FC2ブログ

「地球戦隊ファイブマン」~その1・悲しみの多層構造、テコ入れの科学~

 シリーズ第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」を見たのが小学1年生のこと。それ以降、筆者は戦隊フリークだった。といえば聞こえはいいが、その実、普通の家の子として育った筆者にも、当たり前のようにアニメ・特撮作品をはじめとする子供番組を一時的に卒業する時期があったので、きちんと見ていない作品だってある。また高校受験や大学受験などのタイミングや、大学時代に自室にテレビがなくて見ていないという作品もある。だが好悪の問題として初期数話を見て敬遠してしまった作品がある。それが「地球戦隊ファイブマン」(1990)だ。

 この作品の最大の問題点は「兄弟戦士」であり「兄弟先生」という設定にある。だがそれがこの作品が他の作品と差別化できる最大のポイントでもある。「ファイブマン」以降の作品でも、「救急戦隊ゴーゴーファイブ」や「魔法戦隊マジレンジャー」など、兄弟戦隊はいくつか存在する。いずれにしても兄弟の絆が論点となるのが常で、それゆえに話の中心になれば、逆に追いつめられたりもするわけだ。だがその反面、問題解決が兄弟や家族の中で解消されてしまい、その分だけ社会と切り離されてしまう。この社会性はゲストで登場する子供やその家族などによって補完されるのであるが、ただでさえ白々しく取ってつけたように登場するゲストであるだけに、説得力は低い。兄弟という設定はそれに拍車をかけてしまうのだ。

 また5人が小学校の教師というのも、教師としての役割が学校という場所に限定されてしまうことを考慮すれば、その設定もまた兄弟とは別の角度で社会性を切り離してしまうがゆえに、物語の幅を縮めてしまう。奇しくも「ウルトラマン80」が序盤の教師編を切り離さざるを得なかったように、同じ轍を踏む過ちを犯す危惧を感じたのである。

 話は戻るが、戦隊に「兄弟」という設定がはたして必要なのか? 例えば例年夏の視聴率低迷時期やクリスマス商戦時期にパワーアップする話があるが、彼らは幾多の困難を乗り越えて新たな力を手にすることになる。それが商戦とはいえ物語として昇華されるために、兄弟という設定はほぼ必要ない。一つの目標に向かって一致団結してあたることに、兄弟という設定は必要なく、20代の若者たちが力を合わせて団結すればいいことである。その団結を見せることこそ、「戦隊」の至上の価値であり、ことさら「兄弟」の設定に必要性を感じない。

 筆者が「地球戦隊ファイブマン」の初期数話を見て感じた危惧。それを最初に指摘しておくが、この後の記事は、この危惧が如何に無駄なものだったかを明らかにしていくものとなる。そういう話じゃないんだわ、これ。

<悲劇の多層構造>
 「地球戦隊ファイブマン」は1990年から翌年まで放送された作品。前年が「高速戦隊ターボレンジャー」で、後年があの「鳥人戦隊ジェットマン」である。どちらかといえば盛り上がり必至の2作品にはさまれて、やや本作は地味に感じる。だがこの地味に感じる理由は、序盤に登場する5人に襲いかかる悲劇だろう。

 荒れ果てた惑星シドン。そこで生き残りの宇宙人兄弟とともに、植物を育てる研究をする一組の夫婦がいた。名を星川という。夫婦の間には生まれたばかりの乳飲み子の双子をふくめ5人の子供がおり、サポートロボットのアーサーG6とともに暮らしていた。星川博士は惑星シドンのように荒廃した惑星が銀河に増えつつあるのを危険視していた。それを食い止め、惑星を復興するために、星川博士は妻と子供たちを伴い、惑星シドンへと降り立った。そして長年の研究が実を結び、花を咲かせたとき、銀帝軍ゾーンが再び惑星シドンへと降り立った。銀河での星の荒廃。それは銀帝軍ゾーンの皇帝メドーによって星の命を奪われたからであり、メドーは1000個の星を滅ぼすことによって、永遠の命を得るという。だが星川博士が復興させようとしたシドンを復活させまいと、ゾーンは舞い戻ってきたのである。そこへ銃の一撃が鳴り響く。弾丸はゾーンの旗艦バルガイヤーの艦長ガロアの顔に傷を作る。銃を発射したのは恐怖に震える長男の学。それを契機にゾーンの猛攻が始まる。子供たちを守り防戦一方の星川博士。星川博士夫妻は銀河闘士ガメルギンの猛攻を防ぎながら、アーサーに命令を下し、子供たちを連れてシドンを脱出させる。爆発に巻き込まれその生死もわからなまま、学たち5兄弟はアーサーに率いられて基地マックスマグマで地球へと帰還する。その20年後。悲劇を乗り越えた子供たちはたくましく成長し、5人揃って小学校の教師となっていた。そして惑星シドンで実った花が地球で開いた時、ついに銀帝軍ゾーンが1000個目の惑星として地球侵略を開始した。だがこれあるを予想していた星川兄弟は、降り立った銀帝軍ゾーンを前に立ちふさがり、地球戦隊ファイブマンを名乗り、宣戦布告する。(1話)

 続く2話の冒頭で、ファイブマンとファイブマシンの活躍によって一度は銀帝軍ゾーンを退ける。北極を根城とした銀帝軍ゾーン。空に現れる皇帝メドーの指示により、ガロア艦長率いるゾーンの一団は、地球侵略のための下準備に入る。ゾーンは電波観測所を強襲し、前線基地として使用し始める。それを知った星川兄弟は、罠と知りつつも観測所への侵入を目論む。学の静止も聞かずに突入する弟たちだが、逆にガロアによって捕縛される。それを助けに入ったのは機関銃を持った学である。混乱に乗じて兄弟を助け出し、ついには仇敵ガメルギンをファイブロボで下す。(2話)

 放送当時の筆者は、このなかなかに重くしんどい物語の冒頭を見て、不安しか感じなかった。教師である設定は2話目にしてあっという間に放棄してしまう。またファイブマンのスーツのデザインも筆者の好みではなかった。額にはそれぞれの担当教科を意匠化したものがエンブレムとしてデザインされているが、ブラックの「語」がもうあかん。ゴーゴーファイブのマスクもそうだが、ファイブマンのマスクも突起物がなく、つるんとしている。そして見事にたまご型。これがまあなんとも頼りない。筆者は当時これらのデザインを見て一気に見る気をなくしてしまった。つまり問題は物語の問題ではなく、デザインの問題だったのかもしれないと、いまでこそ思う。

 しかしこうして見直せば、1話冒頭の悲劇は、本作の根幹をなす重要な縦糸となっていたことがすぐにわかる。宇宙から飛来する敵性宇宙人による地球侵略は、戦隊に限らず枚挙にいとまがないのだが、先行作である「電撃戦隊チェンジマン」において、星王バズーの大星団ゴズマとは、ゴズマによって滅ぼされた惑星の生き残りによって構成されている、いわば寄せ集め集団だ。物語は銀河に散らばった、滅ぼされた惑星の生き残りなどが絡む話が多い。銀帝軍ゾーンもまたこれにならっており、星の生き残りが物語を彩る場合が散見される。シドンでの悲劇は、5兄弟が父母と生き別れるエピソードであると同時に、ゾーンの非道の実態の実体験でもあり、なおかつ星を滅ぼされた人々の恨みの記憶でもある。ファイブマンはありとあらゆる人間たちに対して同情的になれる要素を持ち合わせているから、これ以上の感情移入の理由がいらない。先生たちと一緒に学校に戻りたい子供たちにも同情すれば、かつてゾーンに滅ぼされた星の生き残りの復讐心にも同情する。親にはぐれた宇宙人に感情移入したかと思えば、ゾーンの作戦で働かなくなった父親のために必死に働こうとする子供にまで同情し、手助けする。ゲストキャラクターへの感情移入のインターフェイスとして、これ以上ないほどの多層構造が、5兄弟に組み込まれているのだ。特に末子である星川レミと文矢の2人は、両親の顔を知らない年齢設定であるため、両親と生き別れたことに対する悲しみがより深い。その兄弟の復讐心は1,2話でほぼほぼ解消され、そのあとは復讐よりも正義の戦いが主軸になっていくのは、あくまでもお約束。5人の兄弟の実態は、復讐ではなく人の意をくみ取る理由を多層構造で抱えたインターフェイスだったのだ。

 もう1点、兄弟先生という設定に関しては、いじらしいほどに作り手が忘れまいと必死になっていると感じる部分でもある。ゾーンの攻撃によって破壊された学校で子供たちを慰めるシーンで、5人は学校を離れ、子供たちは近隣の別の学校へと別れることを余儀なくされる(2話)。続く3話でははねっかえりの子供相手に長兄・学が手を焼く様子からスタートし、その子供が早く兄弟先生たちやクラスメイトと一緒に元の学校に戻りたいと願いながら、それが叶わない状況下で、一人行動を起こしていることがわかる。そんな彼に憑依して学を襲う銀河闘士トラルギンは、ぼろぼろになっていく学に憑依して、学の動きを牽制して敵幹部ビリオンにとどめを刺させようとする。だがビリオンはトラルギンごと学を切ろうとしたため、トラルギンの叛乱を招き、作戦は瓦解する。また11話でも宝探しに向かおうとする子供は、学校の再建費用をねん出するために冒険するのだが、その宝をゾーンも狙っていたため、子供と行動を共にしていた次男・健と衝突するという筋立てだ。また7話「45mの小学生」ではドンゴロスにそそのかされて地球に来てしまったサイラギンを更正させようと、長女・数美と三男・文矢がサイラギンに授業を行うシーンがある。視聴者は失念しても、スタッフは兄弟先生という設定を忘れていなかったのである。こうした「兄弟先生だった」という設定が、ゲストの子供たちを出すことの違和感を解消させている。故に12話「アーサー超変型」にも機械に詳しい少年が登場し、アーサーがアースカノンへと変形するプログラムの組み直しをやってのけ、兄弟のピンチを救うことになる。また先生たちの直接の教え子でなくても、6話「働き者が嫌いだ」の八百屋の息子にもすんなり同情し、手を貸しているし、13話「ドレミファイト」では子供たちと一緒に演奏することで、楽器の音色によって弱体化する銀河闘士トドルギンの弱点を突いて逆転する。

 それはそうと、6話にしても13話にしても、次女・レミの活躍が顕著なのはどうしたことだろう? 上記の2話だけにとどまらず、序盤のアクション回である4話「地球を酔わせろ」や5話「みなしご銀河卵」は双子の文矢と一緒の活躍回だ。レミを演じる早瀬恵子さんが、アクションをこなす女優さんとして、すでに仕上がっており、新人に毛が生えたようなレベルの他の演者に比べてやりやすかったのはあるだろう。これもまた本作を序盤で見誤ってしまう誤解を生じる一因だったことは否めない。それでも見ていてスタッフがノリノリで作られている4話などを見ていると、見ているこちらですら、もっとレミを見たいと思わせてしまう。技のキレ、アクションのしなやかさ、そしてチャーミングな笑顔と、本作での早瀬恵子は、間違いなく輝いている。

<2クール目のチャレンジ>
 さて通り一辺倒とも思える1クール目を消費した本作は、2クール目に突入したところで、大きな転換期を迎える。本作の2クール目はテコ入れやチャレンジのオンパレードになる。
 14話「可愛いウソツキ」や16話「腹ペコヒーロー」18話「お金溜めます!!」のような1クール目の主流だった子供イジリの話もあるにはあるが、ファイブマン抹殺を計るためにゾーンが積極的にファイブマン側と接触をしていく展開が増えていく。15話「レッドが二人!!」はガロア艦長がどストレートに学の命を狙って一騎打ちに持ち込む話でありながら、学の体を気遣って次男・健が学の代役を務める話だが、これまで学のライバルがビリオンなのかガロアなのかがはっきりしなかったところへ、1話でのガロアと学の因縁を積極的に引用して、「学vsガロア」という対立軸を作り上げた。また17話「文矢の交際宣言」ではドルドラが化けたみどりという女性に魅入られていく文矢を描いた1本。みどりをドルドラ役の西初恵さんが実に美しい上に実にチャーミングであり、それだけでも筆者的には貴重な1本であるが、ここでもファイブマン側とゾーン側の接触が行われている。なおこの話はあまりに手もなくドルドラの策に落ちる文矢や、その後の作戦ハバレの流れがあまりにも急展開であるために、脚本に難ありの作品ではあるが、この話でより重要なのは、母親の温もりを知らない末弟・文矢が年上の女性にあこがれるという事実だろう。ドルドラに手もなくだまされるわけである。

 そして大きな転換の一つ目。そう、あの夏がやってくる。熱くて赤いあいつの夏が!
 19話「赤いけんかロボ」の冒頭で登場する赤いロボ「スターファイブ」。7話に登場した巨大小学生サイラギンが再登場し、スターファイブに一蹴される。サイラギンは地球のファイブマンのファイブロボの強さを喧伝すると、スターファイブは地球へと向かう。地球に飛来したスターファイブに立ち向かうファイブロボ。アーサーの分析ではスターファイブの材質や性能はファイブロボに酷似しており、2体は彼らの父・星川博士によって作り出された兄弟ロボである可能性が浮上する。一騎打ちとなりともに倒れる2大ロボ。スターファイブから降りてきたのは宇宙の暴れ狼グンサー。5人はスターファイブの入手経路を問いただすが、グンサーは身に覚えがあるように見えながらも、一向に答えようとはしない。グンサーはゾーンに捕えられ、メドーと無理やり契約させられて仲間となる。再びスターファイブを暴れさせるグンサー。5人はファイブロボで立ちはだかる。もしスターファイブが父の作ったロボならば、ハッチの開錠システムもファイブロボと共通しているとにらんだ学の機転によって、学はスターファイブに侵入するも、スターファイブはスターキャリアに変形し、いずこかへと飛び去ってしまう(19話)。

 続く20話「燃えろ兄弟ロボ」冒頭で逃亡したスターキャリアは切り立つ山の頂に衝突し、動けなくなっていた。キャリアから放り出された学とグンサーだが、ガロアと銀河闘士バールギンに強襲される。バールギンは巨大化して山頂のスターキャリアを二人に落とそうとする。バールギンの攻撃から身を挺してグンサーを守る学。その行動の意味を理解しかねるグンサーは学に問い正す。それは両親の居場所を知りたい一心からであった。何をかいいたげなグンサー。そこに星川博士の声が響く。スターキャリアに残された星川博士の肉声データが再生されたのである。そしてキャリアへと走る学を助けるグンサーだったが、石化していずこかへと飛び去ってしまう。学はキャリアを操縦し、間一髪で飛翔させ、父の言葉に従いファイブロボと合体し、初陣となったスーパーファイブロボは巨大バールギンを下す(20話)。

 夏のテコ入れ、新ロボ登場とさらなる合体巨大ロボの誕生と、ファイブマン側がパワーアップする話が19,20話の連続話だ。「超新星フラッシュマン」以降お約束となったパワーアップの話であるのだが、敵のパワーアップなしに正義の側が一方的にパワーアップするというのが、ファイブマンの特筆すべき点だ。そして何より重要なのが、1話で死んだと思われていた5人の親である星川博士の、その後の生存が確実となることも、本話のトピックである。もちろん充実した巨大ロボ特撮も目を見張る。特に20話以降のスターキャリアの発進シーンは、映画「アポロ13」を思い出させるサターンロケット発射シーンにも似た発進シーン。アーサーのカウントダウンがまさにそれらしい。またスーパーファイブロボへの合体シーンやスターキャリアからスターファイブへの変形シーンも見どころは多い。奇しくも最近発売された「平成特撮の夜明け」(別冊映画秘宝編集部編 洋泉社)では、佛田監督のインタビューが掲載されている。名匠・矢島信男監督より後を負かされた佛田洋監督の初演出作品は本作であり、インタビューでは前作までの演出から故意に変更を意識した特撮演出が成されているという。「ウルトラマン80」では特撮が見どころといわれることがよくあるが、奇しくも同じ教師を扱った「ファイブマン」においても、コックピット内部映像を特撮シーンに埋め込んだり、コックピット内部からキャノピー越しの外の映像を見せたり、攻撃から敵機粉砕までをワンシーンで見せたりと、特撮部分で見どころは多い。スターファイブの変形シーンでも、変形後に手に力がみなぎるシーンが挿入されて、まるで勇者ロボシリーズからのフィードバックのような映像まで見られるにおよび、アニメと特撮の垣根越えが故意に行われていると感じる。

 本記事も6,000文字を超えて、まだ本作は前半20話。まだまだ後半戦が残っている。本記事はここまでとし、後の記事へと余韻を残して終わっておこうと思う。2クール目におとずれたもう一つの展開については次回へと持ち越そう。また3クールも怒涛の展開が控えており、スーパー戦隊シリーズそのものが新しいステージへと至る試金石となる。「地球戦隊ファイブマン」こそ、現在へとつながる新しい試みの始まりをめいっぱいつぎ込んだ、シリーズの次の10年を見据えた作品だったのである。以下次回!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ファイブマン、キターー!!

スーパー戦隊の記事は、ダイレンジャーから実に約3年ぶりで、ついに来た~~ってなもんです!!

ところが・・・
あれ?ファイブマンってどんなデザインだっけ?ゴーカイで見たよな?
・・・90年?
ちょうど大学に入って、テレビから遠ざかって見てない時期ではないか!!
(前もこんなコメント書いたような・・・)
あんだけ煽ってたのに、人間ってこんなもんですよね
( ̄∇ ̄*)ゞ

でもいいんです!!
まにまにさんの記事で補完するから!!
ソフト、探して見ま~す!

DA YO NE

ちんたらさま
 コメントありがとうごうございます。私もほぼほぼ同時期に同じ環境にいましたので、ある程度年齢がわかる話ですよね、お互いにw

 あ、でもダイレンジャーから3年たちましたか。あまり気にしたことなかったんですが、その間、現役の戦隊を取り上げてすらいないので、それもまた問題あるかなってw どうも過去作ばかりに目が行きがちなので、いかんなあとは思っているんですが。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->