FC2ブログ

「ルパン三世 Part 5」~その2・ルパンが理由を話すワケ~

承前
 言葉にしづらいルパンと不二子の関係性については、前回においてはお話のキモの部分ではなく、あくまで「ルパン三世」という物語を成立させるための要素だと考えていた。第2シリーズでもよく見られた、ルパンを不二子が追いかけるシーンは、「女怪盗」としての峰不二子が、ルパンと並び立つためのアクセントでしかなく、不二子の掌でいいように操られてルパンが泥棒稼業に精を出す物語導入は、ルパンの動機の部分でもあるわけだ。だが本当にルパンは不二子という女性を手に入れるためだけに、艱難辛苦を乗り越えてまで盗むのか?と問われれば、それは否だろう。盗み出す対象そのものに心動かされなければ、ルパンが動くことはないのではないか? ルパンと一緒にいる次元が、その対象の価値を知らずに、不二子の依頼だと知って露骨に嫌な顔をするシーンが散見されるが、そのお宝の奥にある真実こそ、ルパンが真に追い求めるものであるとしたら、ルパンにとっての「泥棒」という稼業の意味は、世界に点在する謎の探究なのか?

 かつてのTV-SPの22作目「ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~」では、劇中で狙う八百比丘尼の財宝は、ルパン1世がお宝にたどり着きながらも何も盗まなかったたった1度きりの例であったと説明がある。祖父の不可解な行動の謎を解くべく、行動をしていることを吐露するシーンがあるが、そこで「泥棒」という稼業が、一族に課せられた「呪い」だとルパンは評している。このルパンによる客観評が正鵠を射ているとはどうしても思えない。メタな話を許してもらえるならば、この件こそが製作者たちがルパン像を見誤ってキャラクターをブレさせている最大の要因だと思えるのだ。そして新作を作ってはルパンにとっての泥棒稼業の意味を問いただすことになる。ルパンが断続的にではあるがシリーズとして続けてこられた最大の理由は、ルパンが泥棒稼業に精を出す理由を、製作者たちがずっと追い続けた結果だと思うのだ。でも盗むための理由をルパンは欲していない。それを欲しているのは作り手と視聴者だけなのかもしれない。

<EPISODE III(#13~16)~カリオストロ2018~>
 女学校に通うようになったアミは、変わり者扱いされて友達がいなかったが、同じく変わり者扱いされていたパダール王国のドルマ王女と、ふとしたことから心を通わせる。ドルマ王女が持つ宝石「血と涙の滴」を狙ってルパンたちが動き出す。だが彼女たちの女学校がテロリストに襲われる。たまさか先に潜入していた不二子の活躍で事なきを得るが、不二子の同僚の教師はCIAのエージェントを名乗り、「パダール王国を救ってくれ」と言って、事件に紛れてドルマ王女をさらっていく。パダール王国は改革派と伝統派の二派に分裂して争っている状態で、CIAはこれに介入するためにテロによる混乱を利用して、ドルマを確保した。その実情は、伝統派の大師教がCIAの支援の下でクーデターを画策し、ドルマを傀儡として大師教がパダールを治めようという計画だ。「血と涙の滴」を盗む予告状を出すルパン。不二子と共に王宮に潜入したアミもまたドルマを助けるために奮闘する。ルパンはどうやってお宝を盗み出すか? そしてクーデターの行方は?

 この話がどことなく、かの名作「カリオストロの城」に似ていると感じたのは、たぶん筆者だけではないはずだ。これはもう確信犯的に似せている。動機はもちろん、事件の背景や国の内乱の風景も現代風にアップデートされてはいるが、この筋立ての骨の部分に何度も「カリオストロ」の風景が重なるのは、意図的にそうしているからだが、その中で「カリオストロ」では伏せられたり、あえて触れられていない部分を、踏み込んで台詞にしている場面が、散見される。たとえばカリオストロ公国が国足りえていた最大の原因は、背後にいる国際政治上の話があってのことだが、そこに大国アメリカの匂いをかぎ取るのは、少しも難しい話ではない。もちろん物語上は避けているのだが、この話ではあえて「CIA」と名前を出して、現状の国際社会でのアメリカの動向を揶揄している。ルパンにタンカを切らせてまで台詞にしている本音の言葉は、日本国民が等しく一度は感じたことのある感慨だろう。それを国籍不明のルパンが言うあたりのギミックぐらいは、トランプ大統領にも見逃してほしい程度のジョークだ。

予告状で現れる銭形、いやさルパンの潜入手口や、矢で腹部を貫かれたルパンを助ける不二子の図、ルパンを助けるアミの表情に、不二子を追いつめる隊長の「追いつめたぞ、女ネズミめ」というセリフに至るまで「カリオストロ」そのものだが、ルパンを助けた不二子が傷口の処理から看病までするシーンは、ルパンと不二子の関係性に深さを印象付けている(TV-SP「愛のダ・カーポ」も思い出すけど)。新市街に逃げ込んだ次元と五右エ門が口にした「ルパンがいれば俺たちはいらないのではないか?」という言葉も、それまでルパン対する記号論として次元や五右エ門、不二子、銭形を扱ってきたこれまでの製作者に対するあてつけにも聞こえるが、現代のアニメではそんな記号抽象論だけでは物語が成立しないことを指摘していると見ることもできる。そう考えると、本エピソードの本質は、名作「カリオストロの城」のアップデートなんじゃないかと思えるのだ。

 エピソード終盤、改革派である国王側に加担していたSHAKEHANZ社によって、些末な部分での小競り合いで伝統派は駆逐され、アミとルパンの活躍によって大師教の本音が国中に暴露されると、クーデターは収束する。「カリオストロ」で不二子と銭形によってカリオストロ公国の偽札製造の秘密が暴かれたのはメディアによってだったが、これもまた同じ。そしてここでも「悪党の覚悟」が試されることになる。ちょっとだけ面白いのは、ドルマに肩入れしたマクガイヤがかつての故国の内戦を思い出し、天に向かって手をかざして助けを求める声を上げるシーンが、「機動戦士ガンダム00」の1話冒頭に登場するシーンに似ていたのだが、まあどうでもいい話。ラストシーンのドルマとルパンたちの会話にしても、ドルマとアミの恋バナにしても、やはりカリオストロ風味なんだなって思うのだ。それでも最後の最後でルパンと不二子の話をフューチャーし、オチをつける。その微妙な関係性を微妙なままに。

<幕間のエピソード~その2・~バラエティの豊かさ~>
 17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」は、3年前に夫を銃殺された伯爵夫人から、犯人を捜してほしいと依頼を受けるルパンの話。3人の容疑者との面会中に、伯爵夫人は殺されてしまう。容疑者たちと共に古城に閉じ込められたルパンは、伯爵夫人のメイドと一緒に真犯人を見つけ出せるか? 泥棒という名の犯罪者であるルパンが、人殺しという犯罪者を暴き出す筋立てにしては、いささか拍子抜けな話。最終的に犯人が犯行動機や背景を語りつくしてしまうのもやや陳腐な構成に思えるのだが、古城に密室殺人、似つかわしくない最新の顔認証システムの組み合わせが、ゴシック調の推理小説を想起させる雰囲気は、なかなかに心憎い画作りだったと言っていい。ちょっぴり2時間サスペンス風味w

 18話「不二子の置き土産」はルパンたちが使っているアジトのトイレが使用不能になってしまう。どうやら不二子はトイレに隠し物をしたらしい。トイレを巡りルパンたちだけでなく銭形までまきこんで繰り広げるコメディの一編。レギュラー5人だけによるシチュエーションコメディであるだけでなく、ちょっとだけウェットなルパンと不二子の関係性を忍ばせてあるのがミソ。脚本は綾奈ゆにこ女史が担当。どことなく情報の入れ込み方が女子っぽいと思ってたら、なるほど納得。

19話「7.62mmのミラージュ」は次元が活躍する、男臭い話。大富豪に誘い出されて、廃墟の谷間でチェスに興じるルパン。だが谷の両岸では次元とミラージュという名のスナイパーの、命を懸けたスナイプ勝負が行われていた。かつての戦友でもあった次元とミラージュの勝負の行方はいかに? 前話がゆったりとしたコメディだったのに対し、この話は急に男臭くて展開の目まぐるしい話だ。ミラージュの使う弾丸の選択といい戦術といい、次元大介を追いつめるにふさわしいのだが、一方でいつもの愛銃ではなく、アサルトライフルに持ち替えての勝負は、かっての「荒野に散ったコンバットマグナム」を思い出させる一編だ。

20話「怪盗銭形」はロシアでルパンの出し抜いて盗みを続ける銭形の話。かつてのシリーズでも、やむにやまれず銭形が盗みを働いたり、ルパンの仲間になって盗みの手伝いをしたりといった話はあったが、今回の銭形が盗みを働く理由は、とうとうここまで銭形を追いつめたのかと思うほどの事情だ。創作の世界ではこの事情があまりにも自由奔放に使われすぎていていささか辟易もするが、それでも銭形を泥棒に駆り立てるには必要十分な理由だし、なによりその手口はすべからくルパンをお手本にしてるってんだから、念が入っている。

この3話を含め幕間の物語がどういう話なのかは、ご覧いただければ一目でわかるだろう。かつてのTVシリーズ3作品が、ストイックな盗みの話だけでなく、コメディあり、スラプスティックあり、悲劇あり、SFあり、男くさい骨太な話ありと、ありとあらゆる物語の要素を詰め込んだのが「ルパン三世」という作品だった。その物語のバラエティを幕間に詰め込んでいる。もちろん「IQ=0金庫」のようなバカ話もいいし、「ミラージュ」の話もいっそ渋いだろう。この振れ幅のでたらめさ加減こそが、TV版の「ルパン三世」の魅力であるし、さらにはTV版「ルパン三世」がどうしても原作漫画「ルパン三世」に追いつけないポイントでもある。原作漫画を下敷きにアニメ化された話もあるにはあるが、およそアニメ化するには難しいエピソードもある原作漫画は、アニメ化には相応しくない表現も含めて、「ルパン三世」という作品の至高でもある。だからこそ、その懐の広さゆえに演者は自由闊達にキャラクターを楽しむことができたし、作り手も試行錯誤の末にさらなる面白さを追究することができた。もしこうしたバラエティを楽しむことかできたなら、ぜひとも一度原作漫画を手に取ってお読みになることを、強くお勧めする次第であります。

<EPISODE IV(#21~24)~情報化時代を生きる~>
 「ヒトログ」。SHAKEHANZ社が作り出したAIによる人認証システムを組み込んだ革新的SNS。SHAKEHANZ社の創設者エンゾ・ブロンによってこのSNSが発表されてからというもの、世界中で広がりを見せる。かつてのルパン・ゲームとは比べ物にならないぐらい、ネット上に暴かれていくルパンたち。そして銭形によって不二子がSHAKEHANZ社に囚われたことを知る。ルパンたちはアミの助力を得て、SHAKEHANZ社のある南太平洋のタックス・ヘイブンと言われるオリグ島へと上陸し、会社に侵入を果たす。だがそこに待ち受けていたのは、膨大なデータを分析したAIによる行動予測と、エンゾ自身による心理的な罠。この奸計にはまった五右エ門は、ルパンとの対決の末、アミと不二子の目の前でルパンを切ってしまう。駆けつけた銭形にルパンと五右エ門は拿捕される。島から移送され、フランスへと護送されるルパンと五右エ門。厳重すぎる警戒態勢の護送車の前に、頼れる相棒・次元大介が現れる。護送車から逃げたその日から、ルパンたちはネットの海から痕跡を絶ってしまう。アミや銭形の不安をよそに、こつ然とネット上に情報を流し始めるルパン。ルパン三世の逆転劇が、今始まる!

 表向きの絵面だけを見れば、この話もまたこれまでの数多くのエピソードのオマージュが顔をのぞかせる。さらに興味深いのはTV―SPも承っている点はポイントが高い。特に「ハリマオの財宝を追え!!」なんて絶妙な作品を持ってきておいて、ヒロインを演じた声優まできちんと準じている辺りは、心憎いったらありゃしない。カリオストロ公国の地下洞窟にいたり、前作「Part4」のヒロインは出てくるわ、かつてルパンに痛い目にあった悪役たちは総出でルパンの失墜を期待し、ルパンの復活に落胆する。正直、こうしたオマージュを詰め込むのも悪くはないが、これだけ数が多いと、他にやることあるんじゃない?とも思っちゃうほど詰め込まれている。シリーズを見続けていた人だけが、そこそこ味わえるものなので、これはもう古参のファンの面目躍如でもある。

 本シリーズ最初のEPISODE Iの延長線上にありながら、この話で鍵を握る「ヒトログ」が、本質的に悪意の産物ではないことが、この際は重要なことに留意しておきたい。エンゾは悪役ではあったが悪人ではなく、「ヒトログ」というSNSを本質的には良きものとして認識しているし、これによって世界から政治的な悪癖まで取り除いて世界を浄化しようと試みた人物でもある。23話終盤でルパンの悪意によって暴かれた国のトップのスキャンダルは、「ヒトログ」によってその信憑性が論じられる以前に信頼度を判定され、それゆえに世界経済や国際政治が大混乱してしまう。「ヒトログ」に情報開示をして連携していた国々は、「ヒトログ」から解離してしまうことで、ルパンの企みはまんまとはまってしまう。物語上エンゾは悪人設定されてはいても、エンゾが各国の担当者からルパンのログに対する削除申請を拒否している1点だけを見ても、彼自身が「ヒトログ」に対して抱いている絶態的な信頼と公明正大さを疑う余地はない。

だが行き過ぎた公明正大さが人からプライバシーを奪い、誰でも個人情報を手に入れるがごとき状況は、劇中でも「ヒトログ離婚」などと呼ばれ、批判にもさらされてきた。だがエンゾはまさにヒトログの構造的な両面性を理解してもいたわけで、彼が目指した「ヒトログ」の完成形は、この世界に点在する政治的国際的な悪意にとっては、危険性もはらんでいることもわかっていたわけだ。エンゾにとっての本当の敵、それは国を動かす人々が、権力と政治にかこつけて世界を裏から操るような人々そのものだっただろう。事実劇中でのパダール王国では、国による治安維持の仕事のほとんどが民間人へと移行したことで、一定の成果を得ているのである。だがその反面、人々から判断力と仕事を奪ってしまったことは、パダールの中で発生したクーデターでも明らかだ。「ヒトログ」だけではなく、現実世界のネットの中が善意と悪意の入り混じった複雑で怪奇な世界であることは、疑う余地もない。

「ヒトログ」の成果を作中では否定するが、それは技術的に現実にはありえないという話ではなく、情報共有の無制限と、判断のAI依存という点において問題視しているわけだが、実はこの点についても、本作は過去作を承っていることをご存知だろうか? かつて「PART III」が1985年に終了し、89年にスペシャルとして「バイバイ・リバティ危機一髪」で復活を遂げたルパンのSp2作目「ヘミングウェイ・ペーパーの謎」の冒頭部分。情報屋からのネタ提供を揶揄してルパンは「世の中情報化時代とかいってるがよ、その中で本物はコンマ5%も、ありゃいいんだ」といっている。つまりルパンは、どれだけの情報量があったとしても、その真偽の判断は自身がすることに責任を持っていることを高らかに宣言しているセリフにも聞こえるのだ。だとすれば情報に群がり、「ヒトログ」を通じて情報共有をしている気になっている市井の人々を見て、ルパンは情報化社会を生きていく者として、真偽判断を他者にゆだねない自分自身を誇らしく思ったことだろう。それが正しかったことが、この話で証明されているのである。

<ルパンが理由を話すワケ>
 この物語に限らず、本作の最大の特徴を一つ上げるとすれば、それはキャラクターたちが皆一様に「理由」をしゃべることだ。EPISODE Iにてアミの問いかけにいちいち回答するルパンしかり、本作での五右エ門の自問自答しかり、次元と再会したルパンの二人の会話しかり、不二子の「私はルパンにとって何?」の問いかけしかり。そしてそのすべての問いかけに対し、律儀にもルパンは今作なりのルパン式回答を行っているのである。前記事にも書いた通り、そうした問いかけ自体はこれまでの作品でも作中で繰り返してきた経緯があり、それぞれの作品におけるその答えのバラエティこそが、TV-SPによる最大の弊害である「ルパン像のブレ」につながっていることは先にも触れた。だからこそ、この作品で触れている各々の問いかけに対する答えが、あくまで本作でのモノでしかないのは留意しておきたい。だがルパン三世というキャラクターに対する多くの謎の部分こそが、彼をしてヒーローだとするアミとエンゾの回答が、本作を見た人にとって正鵠を射た回答であるかどうかは置いておくとして、それなりの確度をもって納得できた解答なのではないか?と思うのだが、どうだろうか。

すべての問いかけに対してルパンは「俺もその答えを探している」と答えるが、それもまたメタ的な意味でも製作者たちの本音だろうし、それを律儀に洗い出して脚本として仕上げてくる大河内一楼氏の性格のなぜる業なのかもしれない。少なくても映像でも台詞でも、事態の因果関係をきちんと見せていくスタイルは、「コードギアス」などでも同様だから、こういう律義さが大河内氏による一連の仕事であることは容易に想像がつく。だが大河内氏が「ルパン三世」というシリーズにこの手法を持ち込む最大の理由は、大河内氏ご自身が知りたかったからではないかと愚考する。それはまた同時に、イマドキのドラマの作り方でもある。因果関係を描かない範疇に答えはない。すべての行動の裏には因果関係があるとして、それを克明に描く昨今のアニメやドラマの脚本は、感性よりも論理を台詞でも映像でも見せていくことに腐心している。少なくても70年代に多く見られた、描かない部分は見たこちら側の想像力にお任せする余地のあるドラマや脚本は、ここ20年のうちに駆逐されてしまった。同時に説明もなしに驚くような展開を見せる活劇すらも出番を奪われたのだ。劇中で言葉に乗せることで、それはまるで真実のような重みを持つが、先に示したように、本作でのことはあくまで本作の中だけの答えであるから、本作で示された事柄は本作の中だけで収めたい。そうでなければルパン三世が泥棒である理由が自殺願望なんかであるとは思えないからだ。

 「Part5」というシリーズを俯瞰すれば、あくまでも現代的アップデートの中で、ルパンの活躍は可能なのか?という答えと共に、かつてのシリーズやTV-SPでも繰り返された自問自答を、本作らしく、律儀に一つ一つ回答を示した作品であるから、好感は持てる。中には本作を持って至上とする方がいても筆者は大いに納得できる。だが同意はできそうにない。失われてしまった活劇としての「ルパン三世」はまだ奪われたままな気がしているし、その種明かしを要求される当たり前の情報化社会では、やはりルパンは生きにくいキャラクターなのかもしれない。そしてまたこれからも続くだろうシリーズに、筆者のような古参のファンは、かつてのシリーズから奪われた何かを探して見続けるしかない。それが決して手に入らないものであると知りはしても。

それにしてもルパンにもう一つの顔って、キン肉マンかよw

追記
 EDのBarの映像は、銭形の夢でもあるわけだ。年は取りたくねェな、えぇ、ルパンよw
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

時代の変化と因果関係ですか・・

波のまにまにさま、今回は読みごたえのある記事をありがとうございます!

>ルパンが断続的にではあるがシリーズとして続けてこられた最大の理由は、ルパンが泥棒稼業に精を出す理由を、製作者たちがずっと追い続けた結果だと思うのだ。

ルパンのレゾンデートルですか・・なるほど。
私としては、本作オンリーの答えとはいえ、様々な「理由」が示されたのは嬉しく思ってます。
あ、ちなみに件のコメントはこちらの35:55~デス。気がむかれたらドーゾ。
ttps://www.youtube.com/watch?v=WrEZFhVHyqE
私の情報提供に言及してくださってありがとうございます。

>失われてしまった活劇としての「ルパン三世」はまだ奪われたままな気がしているし、その種明かしを要求される当たり前の情報化社会では、やはりルパンは生きにくいキャラクターなのかもしれない。

波のまにまにさんが2010年代の今、ルパンを作るとしたら、どのようなアプローチを取りますか? もしあるのなら「グッバイ・パートナー」の記事のときにでも教えてください!
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
48歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★真央ちゃんで浄化

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->