fc2ブログ

「ビーストウォーズ メタルス」~その1・帰ってきたぜ!~

 前作「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」の日本での放送は1997年10月から翌年の98年3月までであった。今回より扱う「ビーストウォーズ メタルス 超生命体トランスフォーマー」の放送は1999年10月からで、前作から1年半以上が経過しての放送となった。この間、「ビーストウォーズII」(98年4月~99年1月)および「ビーストウォーズネオ」(99年2月~9月)のアニメ2シリーズを放送し、当然のことながら前作から発売中のトイの販売を継続していた状態だ。今回先の2作はここでは扱わないが、本編をまったく見ていないにも関わらず、筆者は当時「ライオコンボイ」のトイを買って楽しんだし、「ビッグコンボイ」も買ったが、あまりの変形の難しさに、一度変形させてから二度と変形させなかった苦い思い出があるw なお製作されていたカナダ本国でも約半年の期間が開いており、トイの展開もにらんだ上で、前作の怒涛の展開をどのように回収するか、さらなるCGの技術的な向上を見せるかで、製作に時間をかけたようだ。

 日本語版監修の岩浪美和さんのお話を総括すると、本作は前作以上にキャラクターの死や裏切りなどの厳しい展開があり、どうしてもお話が暗くなってしまうことを避けたかったという。前作にもギャグ要素の高いシーンがありはするものの、主人公を自爆させて生死不明の状態にしたり、惑星の先住民たる動物たちが戦いに巻き込まれて死んでしまうなどの話があり、実は起伏に富んだバラエティ色の濃い作品であったから、明るい側だけを見越して爆笑吹き替えだけに頼るわけにもいかなかった事情もあるだろう。だが今作は結果的にこの爆笑吹き替えが良くも悪くも話題となり、ネットや動画配信サイトなどの隆盛と共に広がりを見せ、多くの人々にかつてのトランスフォーマーシリーズを振り返らせる契機につながったと思える節がある。現在実写映画シリーズで隆盛しているトランスフォーマーであるが、中興の祖としての「ビーストウォーズ」シリーズの役割は、いまだ大きいと言わざるを得ない。その証拠の一つが今年公開となった「トランスフォーマー ビースト覚醒」に登場したビースト戦士の登場だろう。

 今回も爆笑吹き替えのネタをなるべくスルーして、本作の重厚かつ楽しい物語に注力して解説していきたい。本作でも怒涛の展開や過去作との意外な関連が登場しては、我々の目を楽しませてくれる。

<序盤の展開、おかえり!コンボイ>
 エイリアンの破壊兵器に、改造した救命ポッドで突撃したコンボイ。兵器の破壊は成し遂げられたが、コンボイを失った深い悲しみに包まれるサイバトロン一同。だが破壊兵器の爆発の余波が、惑星に降りかかる。コンボイを倒したことに喜ぶデストロンたちも、喜んでばかりはいられない。サイバトロン基地から逃げ出そうとするブラックウィドーだが、彼女の体は、記憶を移したタランスの意識に乗っ取られていた。タランスの意思に従いタランスのボディを運び出すブラックウィドー。だがほどなく爆発の余波はクォンタムサージというエネルギーを帯びており、これによってラットル、チータス、メガトロンは、トランスメタルス化して新たなボディを手に入れる。機に乗じてサイバトロン基地に襲撃を掛けるメガトロンは、メタルス化した自身の能力を生かして戦いを有利に進めるものの、ラットル、チータス、ライノックスの活躍で一時撤退を余儀なくされる。別の場所では、またも救命ポッドから新たな戦士が誕生していた(1話)。

 2つのポッドを探してメガトロンたちは基地を離れる。その隙にダイノボットはゴールデンディスク2枚を奪う。ダイノボットは確信したのだ。この惑星の2つの月の1つが、破壊兵器として破壊されたために、月が1つとなってしまった。このことによって、この惑星が、実は太古の「地球」であったことが確定したのである。ダイノボットはゴールデンディスクに記された記録が未来を予言していたとして、奪ったディスクの処遇で悩む。一方、破壊兵器の余波で破損した救命ポッドを使って、ライノックスは1つの計画を実行する。自分がカプセルの中で見たコンボイのビジョンを追い、破壊の余波でできたトランスワープスペースに入り込み、コンボイのスパークを取り戻そうとする。タランスは自身のメモリを再びブラックウィドーから分離して、新たなメタルスの体で復活をとげる。タイガトロンとエアラザーは新たなポッドを探しに、ライノックスたちの元を離れる。そんな折、デストロンの陣地内に落ちた2つのポッドから誕生したのは、クイックストライクとシルバーボルト。二人を丸め込んで仲間にしたメガトロンは、ダイノボット捜索中のチータスを攻撃し、さらにはサイバトロン基地へと総攻撃を仕掛けてくる。だがトランスワープスペースにつながったライノックスを攻撃から守るために、チータス、ダイノボット、ラットルは反撃に出る(2話)。

 両陣営の激しい戦い。多勢に無勢のサイバトロン。降伏勧告を進めるシルバーボルトは、メガトロンにこれを否定される。タランスは基地にいるブラックウィドーを操って、ゴールデンディスクとその解析データを探させていた。タランスが攻撃を受け意識を失うと、呪縛が解けたブラックウィドーが、ゴールデンディスクのデータを自身にダウンロードに成功する。デストロンの猛攻を逃げ切った3人は、基地に戻りシルバーボルトを再生カプセルに入れる。ライノックスはトランスワープスペースに帰り路を残し、戻ってくる。そしてついに彼が帰還する。基地のすべての防御システムがダウンし、ライノックスら4人が昇る朝日を見た時、輝くメタルボディに身を包み、トランスメタルス化したコンボイが、強力な火力でデストロンを撃退! さらにビークルモードでメガトロンを追い、待ち受けるインフェルノと一対一の勝負を制する。コンボイを狙うメガトロンを邪魔したのはシルバーボルトで、彼はサイバトロンに迎えられる。破壊兵器の爆発によって、クォンタムサージの影響でエネルゴンの強力な妨害も鎮静化し、ロボットモードでも活動制限がなくなった。こうしてビーストウォーズはさらに過熱していく!(3話)

 見事な帰還を果たしたメタルスコンボイを中心に、敵味方がトランスメタルス化して新たな姿を得て、サイバトロンとデストロンの戦いはさらなる激化を見せる。2話の終わりにある次回予告で、ライノックスはメタルス化したことを羨ましがっていたが、まずもって面白いのは、トランスメタルス化したメンツの分かれ目である。劇中で最初期にトランスメタルス化したのはメガトロン、ラットル、チータスであり、続いてタランス、そして例外的な事情で再誕したコンボイだ。

 最初の分岐点は、前作第1話の時点で、基地内でビーストモードを得たものと、後続で登場する救命ポッドから誕生したものの差だ。この惑星(エネルゴアという)産のトランスフォーマーと認識される後者はメタルス化できていない。そしてクォンタムサージが降り注いだ際に、再生カプセルやなんらかの装置の中に入っていたものはメタルス化を逃れている。ダイノボットもライノックスもワスピーターもメタルス化しなかったのは、この例に入る。したがってこの惑星産のインフェルノとブラックウィドーがメタルス化せず、タランスだけが同じ場所にいながらメタルス化したのは、こういう事情なのだ。

面白いのはスコルポスとテラザウラーで、この2体は爆発の余波による振動で、基地内のマグマに落ちて死亡している。かわりに2話から登場したクイックストライクが、サソリとコブラという2種類の特性を併せ持つ「フューザー戦士」として登場した。見事な人員整理とお見受けするw クイックストライクと同じタイミングで誕生したシルバーボルトは3話終盤でサイバトロンに寝返り、サイバトロン初のフューザー戦士となった。

そしてコンボイに関しては、ライノックスの尽力によって、破損した救命ポッドを回収し、トランスワープスペースにいたコンボイのスパークが帰ってくるための道標を残している。ポッドに残されたままの再誕できなかったプランクプロトフォームがクォンタムサージによってメタルス化し、そこにコンボイのスパークが戻ってきて、メタルスコンボイが爆誕したのである。

 1話を見ていて楽しかったのは、ラットルとチータスがメタルス化した後で、自身の体におきた異変を受け入れながらも、すぐにはコントロールできない点で、自分の体といえど、起きた異変を受け入れて体になじませるのは、並大抵のことではないことだけはよくわかる。タランスとメガトロンにはこうしたシーンはないものの、このシーンがあるおかげで、おそらくメガトロンにだってこうした異変を受け入れる大変さがあっただろうことは想像に難くない。ましてやビーストモードやロボットモードでは得られなかったビークルモードの機動力に、体が慣れるのは大変だったろう。序盤の大きなトピックであるトランスメタルス化については、今後さらなる展開が待ち受けてはいる。

本作の物語に深みを与えている理由は、前作から暗躍を続けて単独行動が多いタランスが、今作も引き続き不穏な雰囲気を受け持っていることは明らかだ。前作終盤でタランスのサイバーリンク能力によって操られていたブラックウィドーが、さらなる不確定要素として動き出す。4話ではタランスが自身の隠れ家をメガトロンからかすめ取るお話だが、タランスが自身の手下として使おうとしたブラックウィドーにも反抗され、サイバーリンクを切られることで彼女は独立し、しかも2話ではゴールデンディスクの情報まで盗み取り、独自の暗躍を始めるのだ。この2人の不確定要素どう物語に関わってくるのか、今後の注目ポイントとなる。

<漢字の漢とかいて“おとこ”と読む!>
 ここまでのお話の中で、コンボイの帰趨やタランスやブラックウィドーといった不確定要素の目が行きがちで、つい見逃しがちであったキャラクターに光が当たることになる。覚えておいででしょうか? この物語の始まりにおいて、ゴールデンディスクを奪って逃走したところから始まった。このディスクの意味がここから少しずつ明らかになる。そしてこのディスクに手を出したが故に、運命の変転に巻き込まれてしまった男がいる。ダイノボットだ。彼はゴールドディスクを盗み出した張本人でありながら、その価値を知らずにいたのであるが、2話冒頭で物語の舞台となっている惑星エネルゴンが太古の地球であることに気づいてしまう。これを契機に、ダイノボットは自分たちがトランスフォーマーの歴史に干渉する可能性に思い至るのだ。ディスクに刻まれた記録がどんなものなのかを知るまでもなく、自身が自分たちの過去と未来を変えてしまう可能性に、ただひたすら一人で苦悶することになる。その苦悩は5話にて一つの答えを出す。ダイノボットは再びデストロンへと戻ってメガトロンを倒し、歴史への干渉を止めようとしていたのだ。

続く6話ではメガトロンがディスクの情報に従い、何かを企んでいる。エイリアンの遺跡で調査をしていたエアラザーとタイガトロンは、天空からの光に包まれて姿を消すが、その場所には巨大なドームが現れた。宇宙にはエイリアンの宇宙船まで到来し、大騒ぎの中でメガトロンはサイバトロン側が持つゴールデンディスクを奪う。続く7話でメガトロンはこのディスクでドーム型の宇宙船をコントロールし、セイバートロン星に帰ろうとしていたが、タランスの計略によってコントロールが暴走し、エイリアンの宇宙船に衝突させることで、メガトロンとエイリアンの計画は未然に防がれる。この事件によってダイノボットの苦悩はさらに深まることになる。

そしてついに8話を迎える。単独行動を始めるダイノボットは、とある谷を攻撃するデストロン軍団を相手取って、一人奮闘することになる。自身のスパークをメガトロンに握られて、命令に服従するしかない新戦士・ランページも加わり、大激戦となる。この谷は、人類発祥の谷であり、メガトロンはサイバトロンに加担した人類を抹消するために、攻撃を仕掛けたのだ。だが奮闘するダイノボットの活躍で、ゴールデンディスクの1枚を破壊し、人類の祖先は辛くも生き残る。そしてやっとのことで到着したコンボイたちに見守られて、ダイノボットはその命を閉じた。

ディスクの意味を正しく知っているのは、この時点ではメガトロンだけであるが、それでもダイノボットはディスクに記録されていた情報の意味を、おぼろげながら理解していた。その理解がかえって彼を追い込んでしまったと見るべきだろうか。一方歴史に干渉する気満々のメガトロンは、ディスクの情報を活用してあれやこれやと手を打ってくる。何も知らないサイバトロンはただただ翻弄されることになるわけで、主人公サイドであるサイバトロンの面々があまりに影が薄いのは、致し方ない。劇中コンボイが主人公なのにセリフも出番もないとぼやいているが、それはもうしかたがない。その分、この5話から8話では、裏切り者ダイノボットの独壇場であり、まさに見せ場の連続だった。再びデストロンへ戻ろうとしたり、視聴者が理解できない悩みを吐露してみたり、デストロン軍団相手に一人で奮闘してみたりと、八面六臂の大活躍とはこのことだろう。8話終盤でスパークが切り離され、ボディは消滅するが、予告でも本人が言っていた通り、これ以降も彼の登場があり、物語に大きく絡んでくる。

<遠大なる計画>
 9話は不完全な状態で発見された救命ポッドから生まれた「トランスミューテイト」が、ひたすら悲しいお話で、ビーストモードも持てずに生まれてしまったが故に、どちらの陣営にも属すことができずに、戦いの中で機能停止していく様がひたすらかわいそうなお話。

 続く10話から中盤の大展開が始まる。
 前作最終回および本作第1話でのコンボイを巻き込んだ大爆発は、クォンタムサージを含み、トランスフォーマーたちをメタルス化させた。のみならず、このエネルギーにはトランスワープエネルギーが含まれており、時空を越えて波及した。ライノックスの話によれば、その衝撃波はセイバートロン星にまで及んでおり、おそらくはこれに気づいたセイバートロン星の仲間たちが救援を送ってくれるはずだという。この事実にメガトロンも気づいているはずだと踏んだコンボイたちは、デストロンによる救援隊への攻撃を想定し、戦闘態勢を整える。一方波及するトランスワープエネルギーは、ある宇宙ステーションに被害を与える。このステーションは、グレート・ウォー後にセイバートロン星を脱出したデストロンたちのステーションであった。このステーション内でデストロンの評議会は、セイバートロン星を支配するサイバトロンからの干渉を避けるため、衝撃波のセイバートロン星への到達を阻害し、秘密裏にメガトロンを処理しようと、一人の人物を惑星エネルゴンに送り込む。

 そしてエネルゴアに到来したのはステルス機能をもつ宇宙船に乗ってやってきたジャガーだった。両軍に攻撃を加えたジャガーは、サイバトロンに協力。激戦の結果、メガトロンは捕縛される(10話)。ブラックウィドーを愛し始めたシルバーボルトは、ブラックウィドーにデストロンを捨てて寝返るよう説得を試みる。一方ジャガーに対してメガトロンはゴールデンディスクを奪った理由を話し始める。地球でデストロンとサイバトロンが戦い始めた時、宇宙船ボイジャーに乗せて打ち上げたゴールデンディスクには、初代メガトロンが残した、サイバトロンに勝つための情報が残されていた。サイバトロンに支配されているセイバートロン星を脱出したメガトロンは、このサイバトロンの支配を歴史に干渉することでひっくり返そうとしていたのだ。ダイノボットが破壊したディスクの欠片を再生し、先代のメガトロンの残した映像を見たジャガーは、コンボイたちを裏切り、メガトロンと共に攻撃を仕掛けてきた!(11話)

 デストロンの総攻撃を受けるサイバトロンだが、ラットルがジャガーの宇宙船に潜入し、内部から破壊。メガトロンは負けを予想して逃げ出すも、それを追うコンボイたち。だがメガトロンが到着した場所には、ブラックウィドーとシルバーボルトが先に到着しており、洞窟を発見していた。その洞窟内にあったのは、400万年前にこの惑星エネルゴアと呼ばれている地球に墜落していたサイバトロンの宇宙船アークだった。400万年前、セイバートロン星を出発したサイバトロンたちを乗せたアークは、デストロンの宇宙船の攻撃にあい、地球に墜落。そこで静かに復活の時を待っていたのである。ブラックウィドーがダウンロードしたゴールデンディスクのデータを使ってアークに侵入したメガトロンは、アークの内部へと歩を進める。アークをコントロールするブラックウィドーの攻撃を逃れ、コンボイたちもアークに侵入したが、時すでに遅し。メガトロンは先代コンボイの頭部を破壊し、時間の流れが変調をきたし始める。吹き荒れる時間流の嵐。メガトロンの計画は成功してしまうのか!(12話)

 こうして前作から引き続き懸案事項だったゴールデンディスクの謎は、一気に解き明かされた。ディスクは先代メガトロンが、サイバトロンを打倒するために記録されたものであり、メガトロンはサイバトロンの支配に終止符を打つために、わざわざ過去にさかのぼり、過去を改変することで未来をひっくり返そうとしていた遠大な計画だったのだ。ダイノボットが気づいたとしても、その全容までは理解できなかっただろう。とはいえ、1985年には火山活動によって目覚めたトランスフォーマーたちが、地球を舞台に戦いを繰り広げる歴史が待ち受けているのだ。メガトロンはこの歴史に自らメスを入れることで、歴史を改変して、サイバトロンの勝利をうやむやにしようとしていたのである。そしてメガトロンの願いは、先代コンボイの頭部を破壊することで、成就しようとしているのである。

 この話の契機となったジャガーの出自を探してみると、劇中でカセットテープになっているシーンがある。そもそもこのジャガーは、情報参謀サウンドウェーブが率いるカセットロンの3体のうちの1体であり、背中にミサイルを持つ四足歩行のジャガー型に変形するカセットロンである。本作では直立歩行をし、ナ行が「ニャ」になる口癖をもつデストロン戦士であったが、12話の戦いの中で宇宙線と共に破壊されてしまう。とはいえ背中のミサイルは宇宙船のミサイルにアイデアが転用されていたり、かつてのアニメ版とのつながりを意識したデザインになっているのが微笑ましい。またメガトロンの計画が、アニメ版がスタートする1985年をまたいでさらに過去へと到達したことで、サイバトロン勝利の歴史を根底からひっくり返す遠大な計画だったことがわかり、「ビーストウォーズ」シリーズが、単なるスピンオフではなく、アニメ版から始まるトランスフォーマーの正史にガッツリ組み込まれたお話であることが、ここで証明されたのである。

 メガトロンの遠大な計画は、12話のラストで一見成就したように見える。だがサイバトロン戦士はあきらめない。ここからアニメ版「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」から始まった歴史に燦然と輝く足跡を残すべく、コンボイたちサイバトロン戦士は、さらなる厳しい戦いへと足を踏み入れていく。そしておそらくは彼らのだれもが想像もつかなかった変転を経験し、物語は展開していく。次回は後半の驚愕の物語を扱っていく。以下次回!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
50歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitterやってます!

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺★辰年

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

ソレラ の業務報告書。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->