今期アニメ最終回考など

 それにしても今期もよくアニメを見ていたのだと、我ながら感心する。どれだけ時間に余裕があっても、見向きもしないアニメがある一方で、今期は前期と同様、意外によく見ていた気がする。1つ1つ書くよりは、独り言のような雑談形式でまとめてみたい。

 「プリンセスラバー」は、なんでもエロゲが元ネタだという。実際画面を見ていれば、それはよくわかるし、エンディングで意味もなく下着姿にされるメインヒロイン4人を見れば、制作側が何を見せたくて、視聴者側が何を期待しているのかがよくわかる。さる財閥の養子となった有馬を中心に、王国の息女・シャル、その友人でシャルの国の隣国の王女にして有馬の婚約者のシルヴィ、新進気鋭のデザイナーである聖華、そして有馬付きのメイドである優、それに学友たちが織りなす学園もの・・・・・だと思ってなめていた。
 その実、有馬が祖父より託されるであろう財産と責任、人の上に立つ者のけじめ、そういった庶民には到底想像もできない事象を、有馬が経験していく過程で、シャルやシルヴィの国や有馬財閥の存続に関わる騒動に巻き込まれていく話に流れていく。これが意外なほど面白かった。まあ歯ごたえがあるほどの話ではないが、エロゲ原作でドラマを構築しようという誠意を買いたい。あまりにも扇情的なデザインのキャラクターたちが、意図的にセクシーなシーンを見せるが、前期の「クイーンズブレイド」との比較を考えれば、無闇やたらな乳かくしをしていない。それこそ無駄に動くシャルの乳を見るたびに、他に動かすシーンはいくらでもあるだろうにと思う事もしばしばであったが、4人のメインキャラの性格設定が補ってあまりある魅力を有しており、それらの役をあてた女性声優の選択にも隙がない。拾いものの1本であった。

 「蒼天航路」も来週最終回を迎える模様。ここにきて袁紹軍と曹操軍の天下分け目の戦いに入ったのだが、呂布を攻め落とすのに3回費やして、この官渡の戦いも3回かと思うと、それだけでげんなりだ。力を入れる場所を、明らかに間違っている気がするのは私だけか?例によって原作の細かい部分はきれいにそぎ落としているし、表現上問題となるシーンは改編されている。原作の持ち味をそぐ演出について、もうとやかく言う段階ではないだろうが、それ以上に名だたる男性声優に混じって、完全に演技で押し切れない曹操の声がまた、残念だ。どうやら1クールをあけて第2期が決まっているような話もあるようだが、第2期に向けて改良すべき点は山ほどあるだろう。

 「宙のまにまに」は高校の天文部を舞台とする学園アニメである。それにしてもこのアニメを見ると、高校の時に地学部に在籍していた昔の血が騒ぎ出すのを押さえられない。劇中で語られる星の見方に関する情報は、はやりの部活アニメを想起させるが、「天体」あるいは「星」という対象が、画一的な見方ができない素材であることを十分に理解して作られている。それは原作の漫画が優秀だという証明である。
 惜しむらくは、今回のアニメが主人公たちの1年間をアニメ化したものであり、1クールの中で消化するには、原作エピソードのボリュームが多すぎた。そのためアニメ化している部分は、原作のエッセンスとなっており、まるで原作のダイジェスト版になってしまっている。時間に余裕があればもうすこし情緒的に見せることができただろうし、原作も愛読している身には、もう少しテンポを落としてくれても良かったと、残念でならない。
 そんな中で、天文部部長と近江さんの恋の顛末に、きちんと触れてくれたことは、賞賛に値する。あのカノープスのくだりは、別の物語があるにも関わらず、ラストシークエンスに滑り込ませた状況だったが、うれしい誤算であった。構成の妙が光る選択だったと思う。
 物語はまだ朔たちの学年が上がってからの話になる。すでにキーキャラクターは顔見せしているので、人気の程で第2期の可能性があるのかもしれない。今期と同じ高松監督でなら、第2期を楽しみに待ちたい。

 なんとこの9月で「あたしんち」が終了した。しかも放送を見ている限りでは、まったくといっていいほど、最終回を意識した作りではない。たまたまチャンネルを合わせたらそうなっていて、本当にびっくりした。これで宇宙渡辺久美子さんのかあさんの声が聞こえなくなると思うと、少し悲しい。
 
 今期に関して言えば、明らかにラノベ、漫画、ゲーム原作でほぼ占められており、オリジナルの気を吐く作品はほとんどない。また原作から大きく逸脱した作品も寡聞にして聞かない。ましてやロボットものは絶滅寸前である。原作を消費し続けるアニメという構造よりも、最近は原作や出版社にあごでこき使われているアニメ業界という図式が気になってくる。そして実態はすでにそうなっている。次期シーズンのアニメに関しても、同じ傾向だ。今後も楽しくアニメを見られるかどうか。現段階では、その不安を吹き飛ばす材料さえ見あたらない。

プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
(2009/10/23)
寺島拓篤柚木涼香

商品詳細を見る

宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]
(2009/09/02)
前野智昭伊藤かな恵

商品詳細を見る

蒼天航路 VOL.1 [DVD]蒼天航路 VOL.1 [DVD]
(2009/08/21)
宮野真守てらそままさき

商品詳細を見る

映画 あたしンち [DVD]映画 あたしンち [DVD]
(2004/06/25)
渡辺久美子折笠富美子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

昨夜大正野球娘の最終回見る為に頑張って起きていたのですが、始まる1分前までの記憶しかありません。 

しくしく

No title

「大正野球娘」は、「大正」という時代背景を考えると、戦争でラストを迎える悲しいラストを想像してしまい、視聴をパスしていました。実際はどんな話だったのか、教えていただけたら幸いです。面白そうなら見てみたいし、ただの萌えアニメならやめとこうかと。しかし寝オチとは残念でしたね。
プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆長崎原爆記念日

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->