「日本のアニメ 絵巻物からマンガまで」武蔵大学記念講演

 作品紹介ばかりでなく、今回は毛色を変えて、講演にいってきたレポートなど。

 西武池袋線の列車の中吊り広告にあったもので、武蔵大学が練馬区とコラボレートし、大学の開学60周年記念講演として、「日本のアニメ 絵巻物からマンガまで」と題して、全5回の講演を行います。実は毎日池袋線で通っている家内が応募してくれて、まんまと参加することができました。講演に関するHPは以下の通りです。

http://www.musashi.ac.jp/modules/annai_kouhou/index.php?content_id=15

 さて今回は武蔵大学の人文学部教授の小山ブリジット教授と、マッドハウスのりんたろう監督の講演でした。なおかなり広い講堂に、ほぼ満席状態。まああきらかにオタクですねといった方々から、どうみても普段アニメなんか見ないようなおばちゃままで、実に多彩な聴講者が集まっておりました。私は関係者席の真後ろに座りましたが、目の前にいる方々は、大学関係者や研究者といった風情のみなさんで、少々気後れしましたが。では内容をかいつまんで列記しておきます。

<日本のアニメーションのルーツ>講演:小山ブリジット教授
・アニメーションのルーツは、日本の絵巻物にあり(「鳥獣戯画」など)。
・浮世絵、写し絵など、なんとか絵を動かしたいという技術的な努力が続けられる。
・また西洋でも動かないはずの絵を動かそうとするために、幻灯機などが作られた。
・日本のアニメは、そうした2つのルーツから成立している。

<日本のアニメーション その過去と未来>講演りんたろう監督
・ルーツは絵巻物であり、それを巻物の流れにしたがって読むことで、動きを表現した。
・また絵柄そのものも活動的であるから、動かそうとしていたことが読み取れる。
・また浮世絵に見られる大胆なパースの構図は、日本のアニメの根底に流れる作画の思想がある(安藤広重の東海道五十三次など)。
・商業的なアニメは、日本初の国産アニメ「鉄腕アトム」からスタート。
・その後、少ない予算、めちゃくちゃなスケジュールなどの過酷な状況から、現在のアニメのスタイルが完成した。
・世間的に「アニメーション」が認知されたのは、70年代末期の「ヤマト」と「999」であった。この頃までに、アニメの技術はほぼMAXを迎えている。
・80年代に入る頃から、コンピューターの使用を念頭においた制作が考えられる。実現するのは90年代に入ってから。
。ハリウッド映画が効率を重視して3Dアニメを作るなら、日本では人海戦術で3Dアニメを作る。これはハリウッドではまねができない技術。
・コンピューターに使われるのではなく、コンピューターを正しく使役する。それが日本のアニメの姿。
・そして監督初のフルCGアニメ「よなよなペンギン」が完成。

 なお下線部については、監督の作品「メトロポリス」のCGで作り込まれた背景を参考に紹介されている。たしかにビルの小さな窓に入る陰影まで書き入れる、入魂のCG背景である。映画はこのビルがラストシークエンスでめちゃめちゃに崩壊するシーンが入る、この破壊のスペクタクルは、こうした作り込まれたものを破壊する快感があったことを、いまさらながらに思い出した。せっかくDVDも特別版を購入しているので、あらためて視聴した後でご紹介しようと思う。

 講演は大盛況で、私自身も40年も現場にたち続ける監督の話がきけて、だいぶ感動して帰路についた。なお公演後によくある質疑応答で、数人のかたが監督に質問をしていらした。若いオタク風な青年の質問などを聞いていると、「ヤマト」や「999」の劇場公開時の盛り上がりが信じられないようであった。まさにその時代に思春期を迎えた私たち夫婦にとってはあたりまえの光景であり、記憶に残る話であるのだが、まさに世代のギャップを感じることとなった。

 最後に、監督が「最近は批評家が多すぎる。もっとおおらかに楽しめばいい」という趣旨の発言をされていた。正直耳が痛い。こんなブログを立ち上げて、なにをしているのか、自問自答したりもしました。だが先日の今期アニメの最終回の感想を書いた日に、この零細ブログに42人もの人が見てくれたようです。なんともありがたい限りです。そうした現在のアニメをとりまく状況を考えると、何かの物差しを欲しがっている人々に、自分なりの尺度を提示すること自体は、決して間違ってはいないのだと、思い直した。間違っているかも知れない、でも人の意見も聞いてみたい。何が面白くて何が面白くないのか。数だけあって質が均質な状況なら、何かの尺度で測っておくのも無駄ではない、そんなふうに思い直すことができました。批判するべきはしておき、できるだけ良かったことを評価して取り上げ、紹介する。そしてできれば多くの人の議論の土台になればと思っています。これからもそうした気持ちでブログを更新していきます。よろしくおつきあいください。


メトロポリス [DVD]メトロポリス [DVD]
(2001/12/07)
井元由香小林桂

商品詳細を見る



http://yonapen.jp/index.html
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
01 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺@53.8

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->