宇宙海賊キャプテンハーロック~その2・キャラクターの掘り下げとマゾーンの母性~

 前回までは物語の最序盤だけを取り上げて、作品の方向性であるハーロックのシブさや大人っぽさについて書いてみた。結局のところそれ自体は作品自体のカラーであり、ある意味で松本零士作品の門戸としてハードルの高さでもある。このシブさについてこられないなら、見なくてもいいからね、といっているようなもので、玩具売らんかなの当時のアニメとしては、なかなかにチャレンジングな作品といっていい。もちろんこうした嗜好の問題は先人たる手塚治虫や石ノ森章太郎、赤塚不二夫の仕事の数々を見れば、商売として当然であったマーチャンダイジングを否定して見せているわけで、松本の反骨精神の表れでもあるだろう。とはいえ、「宇宙戦艦ヤマト」という先達があったとしても、宇宙戦艦や宇宙戦闘機の玩具は、なかなかに難しい商売だったろうことは、想像に難くない(そういえばミクロマン的なハーロックや台羽の人形がついていて、戦闘機に乗せるプレイバリューの高いおもちゃがあったことを思い出す)。

 さて本作の主人公がまごうことなきハーロックであるならば、本作の物語はハーロックのカッコよさだけを際立たせればいいはずだ。ところが本作にはもう一人の主人公ともいえる青年がいる。名を台羽正。ペナントの地球飛来やマゾーンの地球侵略をいち早く予測し、地球人類の中で数少ない良識ある大人であった台羽博士の一子である。博士は侵略を始めたマゾーンによって殺され、それ以前に母親は事故により宇宙で亡くなっているのだが、事故原因を隠ぺいした地球政府によって、事故の責任者として見殺しにされている。地球政府の腐敗と堕落、そして両親を見殺しにされた事実から、地球を見放してはいても、父の予見したマゾーンの侵攻の事実を突きつけて、父を迫害した地球政府を見返してやりたいと願うのも当然である。だがそれだけを行動動機としてハーロックと行動を共にするには、あまりにも子供じみている。そんな台羽正がハーロックの背中を見つめながら男として成長する話が物語のもう一つの主軸となっている。今回はそのあたりにスポットを当ててみたい。

続きを読む

宇宙海賊キャプテンハーロック~その1・シブいとはこういうことさ~

 ずいぶんと長い時間をかけたが、満を持して今回より取り上げます。時間がかかったのは相変わらず筆者が別のことで時間を取られていたせいだし、執筆自体もその間まったく進んでいなかったので、全面的に自身の責任です。お待ちいただいていた方々、本当に申し訳ありませんでした。ただ本作について筆者が反論をするならば、まず第1に2話の時点までまったく物語が始まらないこと、そして第2にこの最初の2話に本作のテーゼがすべて凝縮されているため、見ごたえも満足感もあって、本作の肝であるはずのハーロックら海賊たちと地球に侵攻しつつあるマゾーンとの戦いがどうでもよくなってしまうため、2話以降がなかなか進みづらいことが上げられる。まずここのハードルを超えていかないと、先に進まないのだ。そしてここからがまた問題なのだが、謎の敵・マゾーンの正体があまりに小出しで出てくるため、物語の進行速度がものすごく遅く感じられてしまう点も加えておきたい。言ってしまえば、この作品は成熟した大人に向けてのSFファンタジーなので、ゆっくりした物語運びもそのためにある。70年代の生き馬の目を抜くようなアニメシーンの中で、よくぞこの作品はこれほどの成熟さを維持して放送し続けられたものだと、いまさらのように感心する。

続きを読む

OVAクラッシャージョウ~劇場版で物足りなかったあなたへ~

 過日、なんとな~くネットを徘徊しているうちに、久しぶりに「WEBアニメスタイル」の腹巻猫さんの記事にたどり着いた。すでに過去の記事で、劇場版「クラッシャージョウ」の音楽集について言及しておられる回(http://animestyle.jp/2013/10/22/6394/)だった。念のため書いておくけれど、腹巻猫さんは、本邦におけるアニメ・特撮音楽に関する研究者であり、その研究の成果は現在のアニメサントラ盤の解説を務められるほどの大御所さんである。腹巻猫さんが不定期に開催されていらっしゃる「サウンドトラック・パブ」に、10年ほど前に一度だけ飛び入りで参加したことがあった。他にお集まりのサントラ強者を知りもしないのに、夫婦でひょこっと顔だけ出して、流れる音楽を楽しむだけ楽しんで帰っていたのが、今もって緊張感を思い出させる記憶である。その時の温和で優しそうな語り口と、ご自身で運営されているサイトの掲示板でも、いくつかのサントラに関する疑問にお答えいただいて、後日大変恐縮した思い出がある。さてそんな腹巻猫さんが、「クラッシャージョウ」のサントラについて、どのようなお話をされるのかと思い記事に目を通すと、大変興味深い話が載っておりましてね…。

続きを読む

釣りキチ三平~釣りと科学と水墨画~

 実は7月末から母が入院生活をしている。左半身が不自由な生活をしていた中で、夜中トイレに起き、トイレまでの移動の途中で尻もちをついたのであるが、その場所が運悪くふすまの桟であったために、圧迫骨折を起こしてしまった。起き上がれないため救急車で運び込み、入院生活となった。現在もなお無職の私は、80歳を迎える父親とともに看病にあたっているが、基本的に完全看護の病院であるため、大したことはできない。そのかわり少しずつ回復する母親の元気にしたがってグレードアップするわがままにつき合わされて、日々の見舞いを繰り返している。母親は病院に任せておけばいいが、父親もいい歳なので、健康を害さないように気を付ける毎日である。

 そんな母の入院生活の中で、ふとしたタイミングで談話室にてこのマンガと再会した。それが「釣りキチ三平」である。現在では「キチ」はほめられた言葉ではないにしろ、漫画のタイトルだからいたしかたない。筆者が小学生のころに大流行し、このマンガを経由して一度ならず竿を握った世代である。しかもその人気絶頂のころにアニメにもなっている。つい懐かしくなって近所のレンタル屋においてあったDVDを借りてみると、もう懐かしさで胸が張り裂けんばかりになったので、ここにいろいろ記しておきたい。

続きを読む

童貞少年と魔女の恋~ルルーシュとC.C.はいつ始まったのか?~

 以前全話解説を行った「コードギアス 反逆のルルーシュ」の第1シリーズ。あの記事を書いたときには本当に人気がなくて、誰にも見向きされず、お一人の方以外ほとんどコメントなどいただくこともなく自己満足で終わってしまった。まあ自己満足は他の記事でも同様ですが(泣)。ところが最近になって新たに1件のコメントをいただき、よろこび勇んでいただいたコメントを拝見すると、とても興味深いご質問をお受けした。それは「ルルーシュとC.C.の恋がいつ始まったのか?」というものだった。数日を経てコメント欄にてお返事だけはさせていただいたのだが、字数制限があるコメント欄ではどうにも物足りなかったので、あらためて本文にてお返事させていただきたい。

続きを読む

劇場版「ポケットモンスター」シリーズ~何故に長く愛されるのか?~

 盛大な前フリをしてからすでに2週間。本来なら「宇宙海賊キャプテンハーロック」のTV版を取りあげるはずであった。はずであったのだが、横道にそれた。いつものことだけど。実はニンテンドー3DSで「モンスターハンター4G」をプレイしていた中で、ふと無料ソフトである「ポケとる」と「みんなのポケモンスクランブル」を始めていた。プレイしている内にモンハンをやらなくなった。むしろポケモンゲームにはまり込み、気が付けば毎週木曜日のアニメと、日曜朝のポケモンバラエティ番組まで録画して見るようになる。こうなると当然の帰結としてゲームに手を出すことになる。すでに世代遅れではあるが、中古の「ポケットモンスターX/Y」を購入し、ポケモン集めとレベル上げの日々だ。おかげでハーロックの記事が遅れている(ごめんなさいw)。
 若い時にはまったくゲームなどやらずに過ごし、30代になってやっと「スーパーロボット大戦」シリーズをはじめたくらいで、ゲーム経験は乏しい。モンハンを始めたのもここ5年ぐらいで、さして年季が入っているとは言えない。もちろんポケモンシリーズなどやったこともない。それでもなんとなく気持ちが乗ってきて、手を出してしまった。そもそもRPGというジャンル自体になじみがなかったのだが、ポケモンを集めていくという「集めゲー」でありながら、多彩な技を持つ様々なポケモンたちが繰り広げるバトルは、アニメでも十二分に再現されており、「ポケモン」が他のどんなゲームのアニメ化よりも成功している事情の一つになっていることに、この年にしてようやく得心が行った。いやほんと、面白いんだねえ。この年になってからこういうのにハマるのは、なんとなく後ろ暗いのだけどw
 さて近日公開の劇場版ポケットモンスター。前売りを買うと伝説のポケモンがついてくるとか、劇場に行けば映画の主役ポケモンがもらえるとか、そりゃもうこれでもかってぐらいの宣伝効果のおかげで、わがゲームにもレベル100のグラードンとアルセウスがおでましになった。見事にいうことを聞いてくれないので、早いとこゲームを先に進めないといけない。そんな中、劇場版の過去作が相次いで地上波やCSにて放送となったので、これ幸いと見ている。これがなかなかに興味深い作品群だったので、ちょいとブログで取り上げてみようかと思った次第。

続きを読む

映画「キャプテンハーロック」~俺のハートに火をつけて!~

 「アップルシード」や「エクスマキナ」などのCGによるアニメーション制作で知られる荒巻伸志氏が、東映で「キャプテンハーロック」を作ると聞いたとき、正直嫌な予感しかしなかった。それでも「アップルシード」などはまだ原典にもさらりと触れた上で、荒巻氏らしいリスペクトもあったし、何よりCGでキャラクターを作るにあたり、アクションを演じる人間、表情を演じる人間、声を演じる人間の3人で一人のキャラクターを作り上げるその努力と苦労は、正しく報われていると思える出来栄えで、筆者は大変楽しんだ。あとは見る側のハードルをどうやって超えるかという問題だけだろう。筆者などはむしろディズニー映画や「クローン・ウォーズ」のメリハリの効きすぎたきらいのある表情や動きの演出が疎ましく感じるので、あちらのCGアニメ作品のハードルは越えられそうにない。翻って今回扱う「キャプテンハーロック」に関しては、「アップルシード」シリーズで免疫がついていたせいもあって、そのハードルはあまり感じなかったのだが、問題は原典となる松本零士氏の漫画およびそれを原作とするアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」からの、激しい設定のかい離のほうが、より問題であった。「はたしてこれがハーロックか?」と問われれば、「いいえ、違います」と答えることに、全く抵抗はない。「俺のハーロックを返せ!」などと言うつもりもないが、これはあまりもハーロックからかけ離れている。もちろん姿かたちは間違いなくあのハーロックなのだが、それゆえに問題は深刻だ。今回は本作がいかに「ハーロックではない」か、について書いてみたい。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->