周回遅れの映画2題~ローグ・ワンとバイオハザード・ザ・ファイナル~

 前回の去年の更新からすでに1か月以上更新が滞っている。何をしていたかといえば、実母がまたも腰の圧迫骨折を再発し、入院と見舞いの生活でてんやわんや。装具を直したり、コルセットを新調したり、入院している親戚を見舞うために父を車で運んだりと、なんだかんだと日々を過ごして、あっという間の年末年始を含めた1か月を過ごしていた。その間、自宅のハードディスクレコーダーが変調をきたし、とにもかくにも動く間に中身をディスクに移動させ、年明けからの新番組はほぼ録画できていない。こうなるとなにも見ていない状況で、一体何を書けばいいのやら。以上、言い訳終わり。

 そうはいってもわずかばかりの隙間を縫って、行ってきました話題作。もはや完全に周回遅れで、話題にするのも申し訳ないけれど、なんせ見ちゃったので書き残しておこうかと。今後扱う作品も未定ではありますが、この1、3月は、待望の「ウルトラマンG」と「ウルトラマンパワード」がBD化するので、この2作品だけはとりあえず触っておきたい。記事の方針も決まってないのに告知するのもどうかと思うが、まあ一応自分にいろいろ課しておかないと。ってなわけで、ここから本編、始まります。

続きを読む

CYBORG009 CALL OF JUSTICE~加速装置が見せる世界と戦う理由~

 前回の余勢をかって行ってきました「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」。正直申し上げてこの作品の最大の難関は、009たちサイボーグ戦士たちのビジュアルであることは、ここでいまさら申し上げることでもない。CGによってキャラクターを作り、それをCGで書き込まれた背景の中でぐりぐりと動かす様は、どう見てもゲームの中のキャラクターをコントローラーで動かしている感じによく似ている。敵の攻撃にやられて地上をころがる009を見て、ゴムが伸び切って関節が緩んだミクロマンが転がる様を思い出したのは筆者だけではなかっただろう(どんな遊び方をしてるの!とはいわないでw)。はっきり申し上げて、前作「009RE:CYBORG」以上の抵抗感は、その比ではない。CGアニメとして名高い「ファイナルファンタジー」や「アップルシード」シリーズでも、キャラクターのデザインには十分気を払われてきた経緯があるし、それでも批判は絶えないCGキャラクターによるアニメーションだが、これほどまでに抵抗感があっても「サイボーグ009」というコンテンツにはあまり関係ないのだろうか? 実は筆者が劇場にこれを見に行ったとき、妙齢の女性たちが多く押しかけていた事実に愕然としたのだ。つまり「サイボーグ009」というキャラクターが前提にあれば、それがいかなデザインのキャラクターとして作られていたとしても、集客してしまうのである。それは物語やキャラクターの設定に難があった「キャプテンハーロック」にしても同様だったのではないか、という懸念が生まれた。つまるところ、たとえどんなキャラクター設計であっても、周知の物語やキャラクターであれば、楽々とCGで作られているハードルを超えることができ、原典となるビジュアルからかけ離れても、商売が成立してしまう可能性がある、ということだ。いやまて、そもそもの漫画やアニメの実写化という流れそのものが、これに当てはまるとしたら、我々はこうした流れをあきらめながらも絶対に否定する言葉を持てないのかもしれず、そこを製作者たちに見透かされていると思うと、背筋が寒くなる。と、ビジュアルに関しての話はここまでにして、ここからは本作の物語やテーマ的な話を中心にしてみたい。

続きを読む

サイボーグ009(新・1979)~“神”を巡る思考実験~

 当ブログをご覧の方にとって“またか”と思われそうなほど、これでもかと何度も扱っている作品である「サイボーグ009」。故・石ノ森章太郎氏のライフワークでもあった作品である一方、TVアニメに映画にと、現在でも材を振りまく作品である。最近では奇跡とも思える永井豪作品とコラボレーションを果たした「サイボーグ009vsデビルマン」という作品があるし、「攻殻機動隊」のTVシリーズを作った神山健治氏による「009RE:CYBORG」という劇場版を経て、現在は「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」が劇場公開中である。筆者が009が好きだということは置いておいても、作品がこれだけある以上、触りたくなるもの必然だとご理解いただきたい。
 さて現在CSアニマックスにおいてHDリマスターされた「サイボーグ009」(1979)が放送中。実は深夜4時台では「機動戦士ガンダム」のリマスターと続けての放送になっているため、1時間まるっと録画して、毎日楽しんでいる。現在は序盤を過ぎ、話が展開し始めているところだが、新たな展開を前にちょっとだけ引っ掛かってしまった。それが序盤9話までの「宇宙樹編」である。

続きを読む

シルバー仮面~その2・中と外にある3つの闘争~

<春日兄弟の試練の意味>
 10話において、春日兄弟のこれまでの苦難の旅は、父である春日光一郎博士によって課せられた試練であったというオチで終幕する。まずこのポイントについて、きちんと押さえておきたい。春日博士によって課せられた試練とは、何ゆえの試練だったのか?
 10話の終盤、星人による脅迫を退けた春日兄弟は、博士が残したメッセージを受けとり、兄弟の掌を合わせることで鍵が開かれ、完成した光子ロケットのエンジンは、光子ロケットに組み込まれることになる。この光子ロケットは続く11話にて星人によって破壊されてしまうものの、津山博士の協力を得て、春日兄弟はベム計画を立ち上げ、兄弟自身の手によって光子ロケットの改良型を開発し、父の意志を受け継いで宇宙へ乗り出していこうとする。10話終盤で明かされる春日博士のメッセージによれば、兄弟が力を合わせて困難に立ち向かい、その試練を乗り越えることこそが、試練の最大の目的であり、10話までの物語は、兄弟をステップアップするための物語ということになるのだが、もう少し突っ込んでみたいと思うのだ。

続きを読む

「シルバー仮面」~その1・苦境を切り開くもの~

 過日、池谷仙克氏が鬼籍に入られた。2016年10月25日のことだ。筆者はひし美ゆり子さんのツイッターでその訃報に接した。各種報道のどれよりも早いニュースであったはずだ。著名な映画監督による作品の美術を担当するかたわら、成田亨氏に師事して円谷作品の特殊美術を担当していた方だ。池谷氏が生前、作中に登場する宇宙人のデザインをすべて手掛けた作品がある。それが今回ご紹介する「シルバー仮面」だ。往時の氏をしのびつつ、この作品にじっくり触れてみようと思う。

続きを読む

「惑星大戦争」と「宇宙からのメッセージ」~便乗商法という花火~


 夏の夜空を彩る花火。筆者の住む東京東村山市だと、都内の有名花火大会などに行くことの面倒くささを考えれば、最寄りの西武園で夏の間、毎週土日に行われる花火大会は、ありがたいイベントだった。高校生の頃、初めて付き合った女の子とデートした思い出すらある。ところが昨今、この花火大会がなんだか問題だ。花火大会の帰りに事故が起こったり、今年の夏は花火のかけらが落下して頭部陥没とか、あまりいい話を聞かない。
そも「打ち上げ花火」というのは、打ち上げてパッと開いては散るイメージから、継続性のない単発的な仕事を示す言葉としても使われ、決していい印象の言葉としては使われていない。どうしてこんな話をするかといえば、今回ご紹介する2本の映画作品が、時代の流れの中でまさに「花火」、しかも便王商法という名の花火として作られた作品だからだ。とはいえ、この2作品が大傑作だなんて持ち上げるつもりはさらさらない。ただし、見るべきところは取り上げておきたいし、何ゆえこの2作品が当時の日本で大作たりえたのかは、押さえておいたほうがいいだろう。そんなわけで東宝が作った「惑星大戦争」と東映が作った「宇宙からのメッセージ」の2本についてお届けしたい。

続きを読む

「X-MEN」シリーズ~遠く時の輪の接するところで…~

 この夏の洋画イッキ見シリーズもこれで終わりとしたい。筆者自身としてはもう少しタイミングをおいてやりたかったのだが、合間にはさむ作品を絞りきることができず、少しまとまった時間が取れるとついシリーズ映画を見続けてしまったために、この夏はシリーズ洋画イッキ見ばかりとなってしまった。そこで今年のイッキ見シリーズの締めくくりとして、現在公開中の作品でもある「X-MEN」としてみた。現在公開中の「アポカリプス」が新シリーズの最終章として公開され、旧シリーズ3作、新シリーズ3作、スピンオフ2作品というシリーズ構成になっている。このシリーズが面白いのは、魅力的なミュータントと呼ばれる能力者たちが、人類と共生する派閥と人類を従順させる派閥に分かれてしのぎを削る物語なのだが、その中に含まれるキャラクターの悲喜こもごもがドラマを彩る。旧3部作は2000年代の物語で時間の推移が小さい。ところがスピンオフおよび新3部作によって旧3部作の物語のあった時間を大きくまたいで物語が展開する。これにより不思議なタイムリープSFとなるびっくり展開となるところが面白い。新3部作によって旧3部作がどのように扱われていったか? これこそが今回のシリーズ俯瞰の視点である。

続きを読む

プロフィール

波のまにまに☆

Author:波のまにまに☆
東京都出身
43歳になりました 
妻一人

戦隊シリーズをこよなく
愛する、男オタ。
特撮は主食、
アニメは副菜。
後期必殺を好み、
スタートレックは
ピカード艦長が大好物。
Twitter再開しました!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
namima2のつぶやき
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク(リンクフリーです)
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
フリーエリア
blogram投票ボタン
ブロとも一覧

あにめにゅ~す の あににゅ

分水嶺☆早田ひな

素足のアイドル達

有名人の珍言・名言集

宮廷アリス

TOY BOX
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->